社会人が身に付けたい仕事の時短テクニック

時短テクニックによって仕事の生産性を上げていこう

>

与えられた仕事を上手にこなしていく方法

作業の優先順位を決めることが大切

仕事には急ぎの案件と重要な案件というものが存在しているといいます。
この2つのうち、どちらの案件を優先しておこなうべきかわかりますか?

どちらも大切なように見えますが、この場合は急ぎの案件から着手していくといいでしょう。
急ぎの案件というのは社外の相手が絡んでいることが多く、対応の早さがそのまま信頼度に直結してしまうことが考えられるからです。
一方、重要な案件はとても大事な内容ではあっても急を要さないという場合もあるのです。
言葉の綾のようにも思えますが、社会人になったらこうした仕事の優先順位を見極めるための目を養うことが重要です。

いつも残業をしているようなビジネスマンは真面目だとも言い切れず、ただ段取りが悪いという可能性もあるでしょう。
残業を無くそうという風潮の現代社会においては特に、仕事の時短テクニックを身に付けることが求められているようです。

効率よく作業を進めるための工夫

まず、仕事を始める前にその日のうちにやるべきことをすべて書き出してみるといいでしょう。
この作業は、決して時間の無駄ではなく仕事を効率的に進めるために有効なひと手間となっていくはずなのです。

そして着手する順番を決めていく際には大きな課題から手をつけるのではなく、まずは簡単に済ませられそうなことから確実に片付けていくといいといいます。
そうすることで達成感という快感を得ながら徐々に仕事モードへとシフトチェンジしていくことができ、そこから本格的にエンジンをかけて仕事に取り組むことができるというのです。

そうは言っても予定通りに進んでいかないのが仕事の難しいところだと思います。
突発的に入った仕事に対しては、自分の状況を冷静に判断して場合によっては思い切って断るという勇気を持つようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る